ITコスト削減

【コスト削減のヒント】マッチングクラウド

マッチングクラウド | 完成品を確認して導入可。マッチングビジネス専門のシステム構築

様々な業種・業態において、手軽に無理なく実現可能な「コスト削減」を紹介する特集ページ【コスト削減のヒント】。今回はマッチングビジネスのシステム構築を専門に行う株式会社ロボラボ提供の『マッチングクラウド』をご紹介。リーズナブルかつ高速にマッチングビジネスを構築することができるサービスです。事業者の声に真正面から向き合うことにより、「完成品を確認してからの導入」を可能にした理想的な構築サービスを詳しくご紹介いたします。

「マッチング」の看板を掲げるサービスが、私たちの周りに多数存在しているのはお気づきでしょうか。

若い世代に「マッチングアプリ」の名称で浸透している恋愛系のサービスだけではなく、法人向けの「クラウドソーシング」や「スキル売買」といったサービス、私たちが普段利用している「レストラン予約」や「チケット予約」などのサービスもマッチングサービスと言えます。
身の回りのマッチングサービス

そして、ビジネス向け、コンシューマー向けを問わず、様々な業界の成長に伴って、マッチングサービスの裾野は今後も広がっていくことが想定されるので、より身近なサービスとなっていくでしょう。

マッチングサービスとは?

なんとなくイメージできるマッチングサービスですが、全体像を捉え、定義を明確にしようとすると、なかなか大変です。ただ、これからご紹介する『マッチングクラウド』を理解していただくには「マッチングサービスとは何か?」を説明しておく必要があります。マッチングサービスについて “何となく” 理解しているという方も、どうかスキップせずにご覧ください。

人と人を結ぶサービス

マッチングサービスはその名の通り、何かと何かを結ぶサービスです。そして、それは「人と人を結ぶサービス」と言い切っても問題ありません。

人と人を結ぶマッチングサービス
恋愛・婚活系のマッチングサービスですと、人と人が結ばれているイメージを持ちやすいので異論はないと思いますが、それ以外のサービスですと、すぐには「人と人」のイメージが持てないかもしれません。例えば、最近よく見かけるようになった空きスペースの情報サイトはどうでしょう。取引きされているものは「空間」です。しかし、実際は空間を貸したり、売ったりする人と空間を借りたり、買ったりする人との取引きをサポートしているわけです。

ペットショップのホームページだってそうです。ペットの動物を買ってみたいという人と動物を世話してほしいと思う人とを結びつけるものですし、歯医者さんのホームページや洋菓子店のホームページも、物々交換の情報サイトも、すべて人と人とのマッチングで成り立っているサービスと言えます。

とにかく、取引の対象が「人(労働力や技能等)」だけでなく、「モノ」「時間」「空間」「権利」であったとしても、それが「一対一」「一対多」「多対多」の関係であったとしても、「対企業」「対消費者」であったとしても、結局は人と人とをどのように結びつけているかということを定義しているに過ぎません。

マッチングサービスの簡単な定義

人の何と何を結ぶサービス?

マッチングサービスがどういうものか理解できるようになると、身のまわりのサービスがほぼマッチングサービスであることに気づくようになります。そうなると、かえってマッチングサービスがイメージしづらくなってしまいますので、当サイトではこう定義したいと思います。

インターネットを使って
人の “こうしたい” と “こうしてあげたい” を結ぶサービス

マッチングサービスの簡単な定義

 
あえて「インターネットを使って」と限定しました。過去にはインターネットを使用しないリアルなマッチングサービスもあり、それらを含めてしまうと定義が曖昧になってしまう恐れがあるからです。あくまで便宜的なものですので、どうかご容赦ください。とはいえ、現在はインターネットを使用せずに事業を運営することは難しいはずですので、なくても問題ないのですが。

『マッチングクラウド』とは?

マッチングサービスの仕組みを提供する “システム構築サービス”

マッチングサービスを理解し、定義することで、ご紹介する『マッチングクラウド』がどういうものであるかを理解しやすくなったはずです。

『マッチングクラウド』はマッチングサービスの仕組みを提供する “システム構築サービス” です。ビジネス向け「マッチングサービス」専用システムをクラウド上で構築し、保守・管理を行うサービスと理解していただければ結構です。

ただ、「システム構築」と聞くと、「難しいこと」として身構えてしまう担当者や経営者の方も少なくないかもしれません。しかし、先にお伝えしておきますが、『マッチングクラウド』は、経験の浅い担当者でもシステム構築特有の煩わしさや不安を感じる必要のないクラウドサービスなのです。

マッチングクラウドとは

システム構築を難しい事として捉えてしまう理由

そもそも、多くの方がシステム構築を難しい事として捉えてしまうのは、いったい何に起因しているのでしょう?

それは、事業者にとって、システム構築を請け負う開発会社の多くが「ナゾの存在」になっているからに違いありません。要は何をやっているのかが見えにくいのです。その上、そう認識されていることに開発会社が気づいていない場合も多いので、結構深刻な問題です。安易な情報共有で開発が終始してしまい、問題を抱えた完成品が仕上がってしまう恐れもあります。少なからず、そういう声が多方面から聞こえてくることも、事業者がシステム構築を難しく感じてしまう問題に拍車をかけているようにも思えます。

システム構築の難しさ
実は、それだけではありません。事業者はコストを抑えて問題のない使い勝手のいいシステムの完成を望みますが、一方の開発会社側はそうではありません。より理想的なシステムを構築するには、どうしても人手を増やし、詳細にまで目が行き届いた丁寧な開発が必須と考えます。必然的に「トレードオフ(要は “あちらを立てればこちらが立たず” 状態)」に陥り、両者の関係はあっという間に悪化してしまうのです。

良い関係性を築けないまま、どちらか一方が主導権を握った場合、間違いなく想定外のコスト、時間、労力を費やす羽目になります。このような失敗例は中小・零細・大手企業問わず多く見受けられるので、大きく頷く方も少なくないでしょう。そのように、お互いのことを理解できていないことが多くのトラブル引き起こす要因となっております。

マッチングクラウドの「製品説明」にお申込み

システム構築でトラブルを回避する方法

開発会社が「ナゾの存在」にならないために

開発会社が「ナゾの存在」にならないためにも、事業者側はシステム開発を含めたIT業界の事情を、少しでも理解しておく必要があります。

IT業界は、技術の進歩や変化のスピードが早い新興の業界です。慢性的な人手不足による労働単価の高騰、難易度が高くて複雑な作業工程も多く、専任の担当者でない限り、システム開発案件をハンドリングすることは相当困難です。先を見越したプランをもとに開発を進め、大きなコスト負担を強いる事なく、ライフサイクルの長いシステムを構築することなど、不可能に思えることでしょう。

特にフルスクラッチ(システムの部品を使わず1から開発)での開発を行う場合、開発期間が1年以上に及んだり、数千万を超えるコストがかかってしまうこともざらにあります。それでもいざ運用してみたら、様々なところに問題が発生して、結局構築し直しになるという憂き目に会うことさえあります。

リスクを大幅に減らす、ちょっとした努力

このように、大きな困難を伴うシステム構築ですが、実はちょっとした努力で、そのリスクを大幅に減らすことが可能です。

まず、どのフェーズから開発会社に依頼すると効率が良いか、どの部分を自社で対応し、どの部分を委託するのか等、明確なイメージを持つことが大切です。さらに、開発手法の選択やサーバー・ネットワーク等のインフラ整備、運用・保守のやり方すべてを開発会社まかせにするのではなく、自社で判断できるところは判断し、すべて納得した上で開発を進めることです。

そして、完成品を詳細までイメージすることができるようになるまで、粘り強く情報共有を行ってください。

システム構築をうまくハンドリングするには

ごく当たり前のことのように思えますが、このちょっとした努力の積み重ねが、両者に起きるミスマッチを最小限に抑える有効な手だてとなるのです。

マッチングクラウドの「製品説明」にお申込み

『マッチングクラウド』の見事なサービスプラン

無駄なトラブルやコスト負担のリスクが不要な理由

システム構築におけるミスマッチが様々な問題を引き起こす要因となること、そして、そのミスマッチを防ぐために、簡単に実践できる手段があることをご紹介いたしました。当然マッチングサービスの構築も例外ではありません。ただし、上記でもお伝えした通り、『マッチングクラウド』はそういったミスマッチを回避するサービスプランを設定しており、そもそも上記のような無駄なトラブルやコスト負担のリスクを心配する必要はないと言っていいでしょう。

その理由は、『マッチングクラウド』が導入前に完成品を確認し、実際に操作を行って納得してから最終的な導入判断をすることができるサービスだからです。

マッチングクラウドの見事なサービスプラン

導入前に完成品を確認できるのは本当か?

当サイトでは様々な製品・サービスを紹介しておりますが、システム構築サービスでこのような強みを打ち出しているサービスは初めてです。若干懐疑的であったため、この点に関しては納得いくまで何度か質問させていただきました。単に似た業種のデモサイトを案内するだけではないのか? 顧客が全商材の登録を望んだらどうするのか? など…

完成品をイメージできるまで操作が可能
ほどなく回答をもらいましたが、やはり謳い文句の通りでした。導入判断の前に、要件に応じたデモサイトを構築し、さらに顧客自身が管理画面を使って、完成品をイメージできる状態にまで操作をすることで、導入後に発覚するミスマッチを極限まで減らすことができる設計となっております。

このように常識にとらわれないサービスプランを提供できた理由はいくつか考えられます。開発・提供元である「ロボラボ社」がマッチングビジネスのプロフェッショナル企業であること。リクルートやYahoo!など大手マッチングサイト開発の経験者が多く在籍し、マッチングビジネスに関する自社メディアを長年運営していることなどが挙げられます。そして何より、マッチングビジネスを始めたい事業者の数多くの要望と真正面から向き合い、それに応えようとする姿勢によるものでしょう。

これまでロボラボ社に寄せられた「マッチングビジネスに関する500を超える事業者の要望」のほとんどが

1.必要な機能がすべて揃っている
2.デザイン性に優れている
3.開発費用をできるだけ抑えたい
4.完成品を見て導入を決めたい

という4点に集約されるそうです。
マッチングクラウドは、これらの要望すべてに応えることで、事業者の安心・安全、そしてビジネスの成功をバランスよく考えた “ビジネスマッチング専用クラウドサービス”を実現いたしました。

マッチングクラウドの「製品説明」にお申込み

マッチングサービスに必要な機能を網羅

コミュニケーションツール/決済/CRM

インターネットを使って人と人を結ぶ「マッチングサービス」では、活発で円滑なコミュニケーションを促進するために、さまざまなコミュニケーションツールが必要となります。その主要なものは「レビュー」「チャット」「ブログ」「メルマガ」「問い合わせ」各種機能でしょう。マッチングクラウドはそれらの機能を一通り組み込むことが可能です。もし、各機能の詳細や操作感を確かめたい場合は、実際に操作を行ってみることをお勧めします。マッチングクラウドは導入前に納得いくまで繰り返し操作をしてもかまいません。

マッチングクラウドの各種機能

そして、マッチングサービスを利用する両者の営利活動を支える機能はオンライン決済機能です。マッチングクラウドでは「課金」「送金」双方向の決済機能をサポートしております。課金機能はOpn(旧Omise)とStripe、報酬送金機能はPringとStripeというように利用者の業種や事業規模等のニーズに合わせ複数の決済プラットフォームと連携しております。

ちなみに、マッチングクラウド側ではクレジットカード情報などの決済関連情報は一切保管いたしません。すべて決済サービス側で管理を行なっておりますので、より安心でセキュアな環境で運営を行えます。

そして、マッチングビジネスの成功を左右し、加速することが可能な「CRM(顧客関係管理)機能」も実装されております。ダッシュボード機能、レポート機能、各種データ管理機能(CSVダウンロードや強制停止等含む)、など多くの機能に専門性の高いノウハウが活かされております。

マッチングクラウドの「製品説明」にお申込み

マッチングクラウドの構築に必要な「コスト」と「時間」

良心的な料金設定と圧倒的な構築スピード

導入前に完成品を確認できるというような手厚いサービスだと、普通はそれなりに出費を覚悟する必要があるかもしれません。しかし、いかがでしょう?必要なコストは以下の通りです。コストパフォーマンスを考えれば非常にリーズナブルな料金設定だと言えます。

初期料金:500,000円(税抜)
月額料金:35,000円(税抜)

※キャンペーン期間中など、料金の変更あり
※ご希望の場合は、お客様専用の独自機能の追加も可能です。(別途見積)

構築に必要な「コスト」と「時間」

初期料金は、現在のシステム開発のエンジニアの人月単価の相場とされている額より低く設定されております。さらに月額料金に関しては、データセンター使用料金サーバー構築保守・管理料金に加え、ページのコンテンツ編集やCRMの機能を搭載した管理システム利用料金込みで5万円以下。初期料金同様、非常に良心的です。

そして、もう1つ評価すべきは「構築時間」です。いくらコスト負担が最小限に抑えられているとしても、構築に時間がかかり過ぎては本末転倒です。

マッチングクラウドはデモサイト作成完了までに最短で1~数営業日というスピードです。そこから実際に管理画面を操作したり、充分な検討期間を持ったとしても、御社のマッチングビジネスを1か月以内には立ち上げることが可能でしょう。万が一、デモサイト作成後に導入が難しいという判断になっても、キャンセル料などは一切かかりません。

マッチングクラウドの「製品説明」にお申込み

マッチングクラウド の強み

最後にまとめとして、マッチングクラウドの「強み」を挙げておきます。
業種・業態によっては、もっと多くの「強み」を発見できるかもしれませんが、当サイトではあくまで主要なものに限ってご紹介いたします。ご興味がある場合は、ぜひ、一度ロボラボ社の詳細説明をお聞きいただき、実際に完成品を操作してお確かめください。

1完成品を確認して導入の判断ができます。(管理画面の操作も可能)

2低料金・短納期なので、導入検討もスムーズ。導入後の負担も抑えられます。

3サーバー保守・管理・監視業務が不要なので、サイト運営に専念できます。

4ノーコードで運営が可能なので、システムのことが苦手な方でも操作が可能です。

5パッケージ開発にありがちなテンプレート感満載のデザインではなく、独自のデザイン設定が可能です。

マッチングクラウド コスト削減評価

※上記チャートは当社評価

システム構築サービスにおいて、完成品を確認してから導入判断ができるということ自体、事業者にどれだけ多くの恩恵を与えるか計り知れない。導入検討はスムーズになるだろうし、導入後の運用フェーズに発生しそうなトラブルの芽も先に摘んでおく事が可能となる。いずれも人的コストを大幅に減らせるため、当サイトでの評価も高い。

製品・サービス 概要データ

料金体系
初期料金:500,000円
月額料金:35,000円
※すべて税抜/キャンペーン期間中など、料金の変更あり
サービス名称
マッチングクラウド
提供会社
株式会社ロボラボ(Robo Lab, Inc.)
〒108-0074 東京都港区高輪4丁目23番6号 ハイホーム高輪708
対応エリア
全国
対象法人の規模
中小から大手まで対応可能
詳細説明・資料請求等のお申し込み
当サイトのお申し込みフォームより

関連記事

  1. 【コスト削減のヒント】アシロボRPA

    アシロボRPA | 低コストで高性能なRPAは何をもたらすか?

  2. ニトラプラス

    ニトラプラス | 求荷求車システムをパッケージ化して安価で提供

  3. <システム開発>委託業者紹介サービス EMEAO!(エミーオ)

    システム開発の優良企業を無料で紹介 EMEAO!(エミーオ)

ピックアップ

  1. ITコスト削減

    法人向けクラウドストレージ Xserver Drive
  2. 業務コスト削減

    【コスト削減のヒント】アシロボRPA
  3. 管理コスト削減

    弥生のオンライン会計・確定申告ソフト
  4. 管理コスト削減

    【オンライン研修対応】定額制人材育成・社員研修 ラーニングエージェンシー
  5. その他コスト削減

    クラウドPOSレジ スマレジ
最近の記事 おすすめ記事
  1. ホットプロファイル
  2. 【コスト削減のヒカク】バーチャルオフィス比較
  3. 【コスト削減のヒント】マッチングクラウド
  4. 【コスト削減のヒント】アシロボRPA
  5. アスメル
  6. <ポスティング>会社ご紹介サービス EMEAO!(エミーオ)
  7. STORES 予約
  8. ダンボールワン
  9. コネクトさん
  1. SPACEMARKET(スペースマーケット)
  2. カゴヤのレンタルサーバー
  3. クラウド会計ソフトfreee
  4. ペライチ
  5. 電子契約のGMOサイン
  6. ホームページ制作なら安心して任せられる【ホームページ.com】
  7. GVA 法人登記(ジーヴァ法人登記)
  8. Goope(グーペ)
  9. マネーフォワード クラウド会計
  10. Misoca(ミソカ) クラウド見積書・納品書・請求書作成管理サービス
PAGE TOP

業務コスト削減

YESOD(イエソド) | クラウド型の統合ID管理システム

業務コスト削減

ホットプロファイル | MA、CRM、SFAの一元管理で大幅コスト削減

ホットプロファイル

特集

バーチャルオフィス比較 | ビジネスを左右するバーチャルオフィス選び

【コスト削減のヒカク】バーチャルオフィス比較

ITコスト削減

マッチングクラウド | 完成品を確認して導入可。マッチングビジネス専門のシステム…

【コスト削減のヒント】マッチングクラウド

業務コスト削減

アシロボRPA | 低コストで高性能なRPAは何をもたらすか?

【コスト削減のヒント】アシロボRPA